大祓のご案内


大祓とは

大祓(おおはらへ)は、御皇室を始め全国の各神社で六月晦日(三十日)、十二月大晦日(三十一日)の年二回、
半年ごとに執り行われる神事です。

私たちが知らず識らずに犯した罪穢(けがれ)を根国底国に祓い去り、心身の美しくなった自分として
新しい気持ちで生活を切り開いて行く事を目的としています。

 

夏越の祓

大祓の中でも、六月に行なわれる大祓は「夏越の祓(なごしのはらへ)」と呼ばれ、旧くは拾遺和歌集に
次の歌が載せられております。

『水無月の なごしの祓 する人は ちとせの命 のぶといふなり』

 

形代・車形(かたしろ・くるまがた)


古来より人の形をした形代(かたしろ)を用いることによって、祓い清め
暑い夏を乗り切り、一年の残り半分を無事に過ごすことができるようにと
行なわれてきました。
同様に、車形(くるまがた)

当神社では氏子崇敬者各位のご健康、ご繁栄を祈願いたします。
是非、ご参列ください。

 

形代の作法

形代は皆様方の身代わりとなるものです。
穢(けがれ)を移した形代をお持ちになり、お祓いを受けて身も心も清らかにしてください。

一、 表にご家族一人一人の名前・年齢(数え年)を記入します。

一、 形代の、身体の悪い場所(頭、胸、両腕など)に印をつけます。

一、 撫でてから息を三度吹きかけます。

これらにより穢(けがれ)が形代に移ります。

また、形代をお持ちになる際は、次の点にご注意ください。

・ 形代の入っている袋に住所・氏名をご記入ください。
・ 車形には、車のナンバー・利用者名をご記入ください。
・ 初穂料(一家庭・千円以上)をお納めください。

申込者には祭典を厳修の上、ご安泰ご隆昌を心からご祈念申し上げます。

ご不明な点がございましたら、当神社の社務所までご連絡ください。